スッキリするなら乳酸菌もおすすめ!腸は心の病にも影響する?!

うつ病になるのは真面目な人、というイメージをお持ちではないでしょうか?よく聞く話では、我慢強いタイプの人が、仕事や家庭のストレスを抱え込み、無理がたたってうつ病になってしまうというケースです。

 

一般的にはうつ病とは精神の病、心の病というイメージだが、実際には腸内環境の乱れによって誰でもなりうる可能性がある病気だと最近では考えられるようになってきました。

こんな経験、ありませんか?

アナタはこんな経験はないですか?テスト前に緊張してお腹が痛くなってしまったこと、いつもは快便なのに旅行先では便秘になってしまうこと。

 

腸は第二の脳と呼ばれるように、脳と腸には実は密接な関係があるのです。 うつ病の原因として、セロトニン不足が挙げられますが、セロトニンとは脳内の伝達物質で、心のバランスを整えてくれる大切な働きをします。

 

セロトニンが不足すると、ぼーっとしたり、やる気が出なかったり、落ち込みやすくなったり、キレやすくなってしまいます。

 

つまり、うつ病や不眠症などの精神疾患に陥りやすくなるんです。セロトニンは動植物の中に存在する物質だが、体内では腸内に90%、脳内にはわずか2%しか存在していません。

 

その僅か数%が人間の精神状態を大きく左右するのですから、腸の働きがキチンと整っていないと精神状態のいかんに関わらず、脳内にしっかりとセロトニンは運搬されず、セロトニン不足となってしまうんです。

 

うつ病は心の状態が悪い人だけがなる病気ではなく、胃の不快感や腸内環境の状態によっても引き起こされる可能性は高く、マウスの実験でも検証されているそうですよ。

 

腸でセロトニンがしっかり生成され、脳まできちんと運ばれるように、腸内環境を改善することはうつ病改善のカギになることがお分かり頂けたかと思います。 ストレスは腸内の善玉菌を減らしてしまい、これが腸内環境の悪化、セロトニン不足による精神状態悪化、など負のスパイラルに陥ってしまいます。

 

これを断ち切るためにも、積極的に善玉菌を補う乳酸菌を摂取しましょう。うつ病改善のため、ストレスを受ける環境から脱却して多く休息を取り、規則正しい生活に運動、などうつ病改善のためのアドバイスはたくさんありますがそれらは少しハードルの高いものも多いです。

 

しかし、食べ物やサプリメントであれば、自分でコントロールが出来きますよね?

 

食は一番回収が簡単な自己投資、という言葉があります。。性急な現代社会を健康体でサバイバルするためにも、うつ病になってしまった人が症状を改善するためにも、等しく乳酸菌を摂取し、腸内環境をメンテナンスしていくことが必要なのかもしれませんね。

乳酸菌とうつ病について詳しくはこちら

乳酸菌はうつ病も治す?心の病克服も腸内環境改善が必要なワケ